2015年07月

18 1312
カラダとココロの健康シエスタに御参加いただいた方々,ありがとうございました。
天候もあまり良くない中,7名の方には生活習慣病プチセミナーに御参加いただき,2名の方にはココロの個別相談,1名の方にはカラダの個別相談を受けていただきました。
日常の診療の中では,患者さんとじっくりと話し合う十分な時間を持つことはできません。
個別相談を行なってみてわかったことは,患者さんの性格や個性,生活の様子などを細かく聴いていくうちに生活習慣の改善や病気に対する正しい認識をお伝えすることができるということです。
さらに素晴らしいことは,診療を実施している私自身が患者さんを通じて世の中や社会の生の様子を知ることができるということです。
カラダとココロの健康シエスタのシリーズ化は,ほぼ決定しました。
個別相談は当日飛び入り参加も可能です。今後開催時にはぜひ御参加ください。
カラダと「栄養の」健康シエスタも計画中。管理栄養士の先生をパートナーに開催を検討しております。
以下は本日の生活習慣病プチセミナーの中で紹介したスライドです。
長野県民を見習い,望ましい生活習慣を継続し,健康で長生き,私たちの健康寿命をのばしたいものです。
(Thanks to staffs of Igarashi Clinic of Internal Medicine)
平均寿命ランキング 日本一は長野県 1851

宮城県は 男性 22位 女性 23位 1852
長野に学ぶ健康法 食事 1854
長野に学ぶ健康法 運動 1855
長野に学ぶ健康法 生活 1857
● 100歳長寿に学ぶ習慣 (ふくろうBOOKS;宝島社)
 監修:順天堂大学大学院医学研究科 加齢制御医学講座教授 白澤 卓二 先生
● 気をつけよう! コレステロールと生活習慣 沢井製薬株式会社
 監修:筑波大学 医学医療系 内分泌代謝・糖尿病内科 教授 島野 仁 先生

ロゴ 五十嵐内科 スマホ版 縦 ふちなし 初めて受診 ロゴ 五十嵐内科 PC版 Google+ TEL スマホ


五十嵐内科の口コミ

誰しも程度の差こそあれ,いろいろな悩みをかかえているものです。

例えば,
● 学校や職場などの環境にうまく適応できない
● 対人恐怖症である
● ストレスを感じると ドカ食い(ヤケ食い)してしまうため 太ってきた
● 家族の仲が悪く 家にいても落ち着かない
● DVや夫婦間の問題
06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_m
これだけが悩みの内容ではありません。他にもいろいろあります。
悩んだ時,「負の無限ループにおちいっているな」と思った時,カウンセリングを受けることは良いことです。
64809c62
「Ascending and Descending 1960 Lithograph」エッシャー(M.C.Escher)公式ウェブサイトから引用
http://www.mcescher.com 

カウンセリングは直接に問題を解決する方法をお伝えするものではありません。
しかし,次の2つの効果を期待することはできます。

◎ 第三者に話すことで(一瞬でも)心の苦しみを軽くすることができるかもしれません
◎ 軽くなった心の状態の時 負の無限ループから抜け出すヒントを ふっと思いつくかもしれません

五十嵐内科では,身体の病気だけでなく,患者さんの心の問題,ストレス状態,疲労度などを考慮した診療を心がけておりますが,日常の診療の中では時間に制限もあり,対応は十分ではありません。

今回は,内科ならびに心療内科でも勤務されている女性の臨床心理士の先生をお招きして,ココロの無料個別相談(≒カウンセリング)を行ないます(H27/7/18)。定員に限りがあります。御了承ください。

『こんなこと相談したら笑われるかなぁ~』っていう心配は無用です。
『初めて会う人にうまく話しできるかどうか不安だ』なんて思う必要はありません。大丈夫です。

興味を持った方は,下記をクリック。五十嵐内科 代表電話(022-355-9988)へお問い合わせ可能です。

血液中の尿酸の濃度のことを尿酸値といいます。
尿酸値 7.0 mg/dLを超えたら高尿酸血症と診断されます。
痛ーい 急に足の親指の付け根が痛くなったよ~! 920
痛風発作は有名ですね。
痛風発作の痛みは激痛であり,患者さんの中には受診時に松葉杖で来られる方も多いです。
痛風の語源は,「風が吹いても痛い」からとか,「風のようにやってきて,風の様に去る」といった説がありますが,当初は違ったようです。
中国医学で「風」は風,寒,暑,湿,燥,火(熱)といった病気の原因,すなわち邪気の1つです。
風疾(風病)というのは一般的に中風(脳血管疾患後に起こる後遺症による麻痺を昔はこのように呼びました),リウマチ,痛風といった病気のことで,風という種類の病気の原因(邪気)によって起こる全身の病気のことを指しました。ですから痛風は,なんらかの原因によって起こる痛みを中心とした全身の病気,という意味となります。
高尿酸血症の状態が長く続くと,尿酸の結晶が身体中に沈着し,痛風発作をはじめとする様々な症状を引き起こします。
どんな病気を引き起こすのでしょうか。

● 腎臓に沈着すると腎臓の働きが低下する(腎障害)
● 皮下組織に沈着してかたまりができる(痛風結節)
● 関節内に沈着して関節炎が起こる 腫れや激痛を伴うのが通常(痛風発作)
● 尿中の尿酸の結晶が溶けにくくなり 結石ができる(尿路結石)
腎障害(痛風腎)痛風結節 痛風発作(関節炎)尿路結石 1015
最近では,高尿酸血症は高血圧症や脂質異常症(高コレステロール血症と高中性脂肪血症),糖尿病などの生活習慣病や慢性腎臓病(CKD)を合併しやすいことがわかってきました。高尿酸血症は,動脈硬化を進行させ,心筋梗塞や脳卒中などを起こすリスクを高めるといわれています。
尿酸値が高いと,様々な病気を引き起こす原因となるのです。放置は危険です。
高尿酸血症は生活習慣病や慢性腎臓病を合併しやすい 2021
参考文献
尿酸値 気にしてますか? 帝人ファーマ株式会社
監修:鎌谷 直之 先生(公益財団法人 痛風財団 理事長)
執筆:山中 寿 先生(東京女子医科大学付属膠原病リウマチ痛風センター 所長)

ロゴ 五十嵐内科 スマホ版 縦 ふちなし 初めて受診 ロゴ 五十嵐内科 PC版 Google+ TEL スマホ


五十嵐内科の口コミ

↑このページのトップヘ