帯状疱疹(たいじょうほうしん)は,80歳までに約3人に1人が罹患する病気といわれています。

日本でも2016年から,50歳以上の人に帯状疱疹予防の目的で水痘(すいとう;水ぼうそう)ワクチンを接種することが承認されました。帯状疱疹予防が,自費診療で(保険は使えませんが),可能となっています。

帯状疱疹は,皮膚の特徴的な皮疹と,ピリピリ,ズキズキした強い痛みが特徴で,時に痛みの後遺症(帯状疱疹後神経痛)が問題となる病気です。加齢などが理由で免疫力,抵抗力が低下してきた患者さんに発症しやすい疾患です。

すでに免疫能異常の病気のある方,免疫抑制剤などの治療を行なっている方には,現時点では向きません。

50歳以上の方は,まだ元気なうちにワクチンを打っておいた方が良いのかもしれません。
五十嵐内科 仙台市宮城野区福室 内科 呼吸器 循環器 土曜日午後診療 喘息 高血圧 糖尿病 めまい 脂質異常症 高尿酸血症 健康診断 にんにく注射 プラセンタ注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 舌下免疫療法 シダキュア