薬剤

最近,オーソライズドジェネリック,略してAGと呼ばれる医薬品があります。これって何なのでしょう。

● 先発医薬品
● (通常の)ジェネリック医薬品
● オーソライズドジェネリック医薬品

順に考えてみましょう。

先発医薬品とは,最初に開発,承認,発売された医薬品のことで新薬とも呼ばれます。後発(ジェネリック)医薬品の対語です。
 
先発医薬品(新薬)を開発した企業には,医薬品そのものやその製造方法に特許が与えられます。通常は20年~25年の特許期間があり,開発した企業がその薬を独占的に製造,販売することができます。

(通常の)ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは,先発医薬品と同一の有効成分を同一量含む薬剤です。効能,効果や用法用量は原則的に先発医薬品と同一であり,先発医薬品とおおむね同等の臨床効果,薬理作用が得られます。

ジェネリック医薬品では研究費や開発費が低くおさえることが可能となりますので,先発医薬品に比べて価格は安くなりますが,薬剤への添加物や薬のコーティングなど,有効成分の他は先発医薬品と異なるため,薬の効き目(効能)には若干の食い違いが出ることがあります。

そのためこんな声を患者さんから時々聴くことがあります。

「(先発医薬品だと効いたのに)ジェネリック医薬品だと効かない!!!」 

ジェネリック医薬品には,有効成分が同一である通常の「ジェネリック医薬品」のほか,添加物や製法も同一の「オーソライズドジェネリック医薬品」があります。

オーソライズドジェネリックを英語で正しく書けば,Authorized Generic,略して AG とも呼ばれます。
先発医薬品メーカーが持っている特許を使うことが許された(許可された)ジェネリックという意味です。
先発医薬品メーカーが認めた(認可した)ジェネリックとも言えるでしょう。

紛らわしいのですが,ざっくり言えば,下記のようとも言えるでしょう。

だいたい~おおむね 同じ:ジェネリック医薬品
まったく 同じ:オーソライズドジェネリック医薬品


以上のように,オーソライズドジェネリック医薬品とは,開発費や開発に要する時間を節約できるため,先発医薬品より価格は安くなり,効き目(効能)は先発医薬品と同等に期待できるというジェネリック医薬品です。

こんな薬が増えていくといいですね。

五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア

五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア 五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア 五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア 五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア 五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア 五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア



エキテンでの口コミ


Googleでの口コミ

 

五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア

バスやタクシーなど,乗務員をされている花粉症の患者さんから相談をうけることがあります。
アレルギー性鼻炎/花粉症がひどく,鼻水や目のかゆみがひどいのだが,アレルギー性鼻炎/花粉症の薬は眠気をもよおすことが多いので,乗務に支障をきたすことがこわくて薬を服用できない,と。

内科医として,産業医として,パイロットの基準を参考にしてアドバイスを行なっております。
そのうえで患者さんの身体に合った薬剤を選択しています。
花粉症と運転と抗アレルギー薬を考える際の一つのやり方かもしれません。

● 航空医学研究センター

● 航空身体検査
● 1-7 アレルギー疾患

航空身体検査,アレルギー疾患の項目の中に,以下のように具体的に記載されております。

● アレルギー性の諸症状が外用薬、内服薬(フェキソフェナジン又はロラタジンに限る。)又は減感作療法により抑制されている場合は、適合とする。
● フェキソフェナジン又はロラタジン以外の内服薬を使用する場合は、鎮静作用のない抗ヒスタミン薬(第二世代の抗ヒスタミン薬に限る。)又は抗アレルギー薬で、過去の使用経験により、眠気・集中力低下等の副作用がないことが指定医又は航空医学に精通している航空会社の産業医により確認されれば適合とする。
● ただし、フェキソフェナジン又はロラタジン以外の内服薬を服用後少なくとも通常投与間隔の2倍の時間は航空業務に従事してはならない。

この記載を参考に,外用薬はもちろんとして,内服薬としては,フェキソフェナジンか,ロラタジンをまず勧めることが多いです。
他の抗アレルギー薬では,薬剤の添付文書にも運転の際の眠気の注意事項の記載があり,乗務員の方に通常は勧めません。

フェキソフェナジン,ロラタジンは薬剤の一般名です。
ジェネリック(後発)医薬品は一般名で検索できます。
先発医薬品は下記の薬剤となります。
ロラタジンについては,最近新薬にてデスロラタジンが発売されています。
デスロラタジンはロラタジンの主要活性代謝物ですので,本件ではロラタジンと同様と考えても差し支えなさそうです。
新薬のビラノア(一般名 ビラスチン)の添付文書にも運転の際の眠気に関する注意の記載はなく,現時点ではパイロット以外の乗務員の方に使用することは有用かもしれません。

● 一般名 フェキソフェナジン
 先発医薬品 アレグラ(サノフィ)
● 一般名 ロラタジン
 先発医薬品 クラリチン(MSD,バイエル)
● 一般名 デスロラタジン(ロラタジンの主要活性代謝物)
 先発医薬品 デザレックス(キョーリン製薬)
● 一般名 ビラスチン
 先発医薬品 ビラノア(大鵬薬品)
● おくすり110番

五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア 五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア 五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア 五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア 五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア 五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア



エキテンでの口コミ


Googleでの口コミ

 

夏負け/夏バテ に効く漢方薬は前回紹介した補中益気湯(ほちゅうえっきとう)だけではありません。下記のようにいくつかあります。今回はその②です。
五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア  
1番下に記載した清暑益気湯(せいしょえっきとう)も,夏負け/夏バテ に対して処方されることが多く,効果的です。
脾胃(ひい)とは,今風にいえば胃腸のこと。漢方では胃腸から水分や栄養を吸収することにより気を高めるとされています。胃腸が弱ると,人は元気が出なくなるものなのですね。

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

上記の漢方薬の中で,当クリニックでも最近処方回数が増えているのは,下から2番目の半夏白朮天麻湯です。
現在の日本の夏は,暑さも尋常ではありませんが,それに加えて,エアコンを使用することによる室内の冷えすぎ,環境や空間の違いによる気温のギャップも体調不良に大きな影響を与えています。
気温の変化に適応するって疲れますよね。冷え症の人にもいいですよ。女性に多いイメージです。

原典は「脾胃論(ひいろん)」
素より脾胃の証あり。時に煩燥を顕し・・・寒気の為に怫鬱せられ悶乱大いに作す。・・・復た吐逆を添えて食停むる能わず。・・・眼黒く頭旋り,悪心煩悶す。・・・心神顚倒し・・・目敢えて開かず。風雲の中に在るが如し。頭苦痛して裂けるが如し。身重きこと山の如し。四肢厥冷し,安臥することを得ず。・・・胃の気己に損じ・・・重ねて其の胃を虚し・・・頭痛と作す。半夏白朮天麻湯を製して之を主りて癒ゆ。

現代の日本語風に直すと,以下のようになります。
もともと胃腸が虚弱体質である人が,時々体調不良を自覚し,冬の寒さや過度の冷房使用のための寒冷のせいで自覚症状が悪化し,食事を摂っても嘔吐してしまい,目の見え方も悪く,回転性のめまいを伴い,ムカムカして吐き気で苦しい思いをし,ふらふらして,目も開けておられず,まるで風雲の中にいるかのようで,頭痛もひどく,身体全体が山のように重だるく,手足が冷えて,安眠できず,もともと胃腸が弱いのに(なにかの理由で)さらに胃を弱らせたことをきっかけに頭痛を生じた者に,半夏白朮天麻湯を作って飲ませたら治った。五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア

暑い暑いと思っていたら,雨が続いて天候不良。
これだけ気候が安定しないと体調不良となり,これまでの暑さがハンパなかった分,反動で夏バテしそうです。当クリニックにも夏負け/夏バテと思われる患者さんが受診されています。

五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア
一般の西洋医学で用いられる薬剤の中には,夏負け/夏バテに対して薬効を持つ薬の開発は原則行なわれておりません。漢方薬の中には昔から存在し,患者さんの体質に合った薬を見つけることもあります。夏負け/夏バテに効くといわれている漢方薬をいくつか紹介いたします。今回はその①です。

補中益気湯(読み方 ほちゅうえっきとう 別名 医王湯

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)という薬名のうち,「中」は脾胃(ひい)といい,栄養の消化吸収を行なう消化管のことを指します。いわゆる胃腸です。
補中益気湯という語句のうち,「気」は飲食摂取によって得られる精力/活力のことをいいます。
この漢方薬の名前の由来は,「中」を補い,「気」を益するお薬という意味から来ています。
この薬の別名は,なんと医王湯! 医薬の中の王者であるとの意味もあるようです。

漢方処方集によれば,以下のような症状を示す方々に効能ありとのこと。

『心身共に疲労性,あるいは飲食節度を失い労倦虚損し身熱して煩わし頭痛あるいは悪寒して渇し汗出やすく,息切れするもの,あるいは面色赤く悪寒し,あるいは下痢,舌苔,熱きものを好み,重きものは不眠譫語妄言し目赤きもの,あるいは手足倦怠,言語軽微,眼勢無力,口中白沫を生じ食味なく熱きものを好み,臍辺に動悸あり,脈散大無力のもの』

難しいですね。
すべての症状を提示するとかえってゴチャゴチャします。主だったものを図示すると下記となります。(スッキリしすぎた感もあります)(専門家の方,御覧になっておられましたら御容赦ください)

五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア
効能を読むと,確かに夏負け/夏バテに効きそうです。
補中益気湯は,この他にも手術の後や,大病を患った後の体力消耗した身体の状態にも効能があります。効き目は多岐にわたります。こういった意味で「医王湯」という別名を持つのかもしれません。

参考サイト
● 漢方ナビ

参考文献
● 「漢方処方集」 龍野 一雄編著(中国漢方医学書刊行会)
●  改訂三版 実用漢方処方集 日本漢方協会編集 
株式会社 じほう

五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア 五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア 五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア 五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア 五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア 五十嵐内科 仙台市 宮城野区 福室 内科 呼吸器内科 循環器内科 土曜午後診療 気管支喘息 高血圧症 糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症 にんにく注射 プラセンタ 注射 AGA 男性型脱毛症 ED 勃起不全 めまい 舌下免疫療法 シダキュア



エキテンでの口コミ


Googleでの口コミ

↑このページのトップヘ